ワインやビールのお供にピッタリ!

サーモンのグラバラックス

所要時間10分+2日間つけこむ

材料(前菜サイズ4人分)
お刺身用サーモン・・・・・300~400g
※皮付きの状態で購入すれば良い。ウロコが付いていても大丈夫。魚屋さんで「sushi grade」 もしくは「sashimi grade」と言ってご注文を。
砂糖・・・・・125g
塩・・・・・60g
フレッシュ・ディル・・・・・20~25g
ピンクペッパーコーン・・・・・大さじ1/2

作り方画像

作り方

  • 砂糖、塩(ロックソルトでも可)、細かく刻んだディル(茎つきの場合、大きな茎のみ取り除く)、ピンクペッパーコーンを混ぜ合わせる。
  • 大き目にラップを広げ、そこに①の半量を敷く。その上にサーモンを置き、残りの①をふりかけ、まんべんなくサーモンにまぶす。
  • ラップでぴっちりと2重~3重に包んでから、タッパー容器などに入れて重し(缶詰や器で十分)をする。
    ここがコツ!サーモンの水分をしっかりだして、甘じょっぱい味を閉じ込める。
  • この状態で2日間、冷蔵庫で保管する。水分が出てラップに溜まっていても問題なし(きちんと水分が出ている証拠)。
  • ラップから取り出し、表面についているディルや溶けた砂糖、塩をぬぐう。薄くスライスしたり、7ミリ角程度の小さなキューブ状に切ったりして(いずれの場合も皮は取り除く)器に盛り付ければ出来上がり。
    ここがコツ!2~3枚スライスしてから、皮にそって包丁をあててまとめて切り取るようにすると比較的らくに皮を取り除くことができる。
  • つけこむのに使ったピンクペッパーコーンを飾りがわりに少し散らして食卓へ。

週刊ジャーニー料理レシピ【ごくウマ3選】取材風景

プリヒル姉さん

料理:プリヒル姉さん
ロンドンのプリムローズヒルにある仏系魚屋勤務(日本時代をあわせて魚屋歴22年)。毎週木曜日はマーブルアーチにできた2号店にて勤務。
【ブログ】http://blogs.yahoo.co.jp/vivi1017press
La Petite Poissonnerie
■プリムローズヒル店 75A Gloucester Avenue, London NW1 8LD(月曜定休)
■マーブルアーチ店 19 New Quebec Street , London W1H 7RY(日・月曜定休)Tel: 07588 393 995(日本語)

週刊ジャーニー No.1062(2018年11月22日)掲載




その他の記事