献立に困ったらCook Buzz
献立に困ったらCook Buzz
教えてヘンリーくん!

Q201「いのちの電話」、英国が発祥って本当?

Aふむ。誰にも相談できずに1人で悩み苦しんでおる者を、電話による対話でサポートするボランティア相談機関「いのちの電話」。パンデミック以降、日本でも広く知られるようになったみたいじゃが、この相談サービスの起源は、実は英国じゃ。

最初に活動を始めたのは、シティにあるセント・スティーブン教会(St Stephen Walbrook)の牧師チャド・ヴァラーなる者じゃ。1953年、バラー牧師が同教会で初めて取り仕切った葬儀は、14歳の少女のものだったそうじゃ。少女は初潮の存在を知らなかったゆえ、自分にその第二次性徴がおとずれたとき、いずれ死にいたる性感染症を患ったと誤解し、誰にも言えずに命を絶ってしまったのじゃよ…。バラー牧師は深刻な悩みを抱える人を助けようと、聖書の福音書「善きサマリア人」を由来とする「サマリタンズ(Samaritans)」という電話相談機関を創設し、教会内の地下に直通電話を設置したのじゃ。

JFC
TK Trading
Centre People
ロンドン東京プロパティ
ジャパングリーンメディカル
Dr Ito Clinic
早稲田アカデミー
サカイ引越センター
JOBAロンドン校
Koyanagi
Immigration UK

このサポート活動はやがて欧米に広がり、日本でも1971年にドイツ人宣教師が「いのちの電話」を開設したというわけじゃよ。

ちなみに、バラー牧師が設置した黒電話(右)はセント・スティーブン教会に展示してあるぞ。


Kyo Service
J Moriyama
ジャパンサービス
らいすワインショップ
Atelier Theory
奈美デンタルクリニック
Sakura Dental
 

週刊ジャーニー No.1339(2024年4月25日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。
ロンドンおすすめレストラン
面白すぎる英国ジョーク
なるほど英国Q&A
ロンドン近郊トラベルガイド
ロンドン最新トレンド
面白すぎる英国史
面白すぎる英国の偉人
ロンドンでアフタヌーンティー