教えてヘンリーくん!

Q88生木のクリスマスツリー、どうやって捨てればいいの?

Aふむふむ、よい質問じゃな! 英国では、生木のクリスマスツリーを買う人も多い。じゃが、「十二夜(Twelfth Night)」の1月5日(あるいは6日)が過ぎた途端、道端に投げ捨てられた姿を見ることがしばしば…。ほんのちょーっと前までは家の中でピカピカ輝いておったのに、なんと哀れな…。フェスティブなシーズンを盛り上げてくれた存在じゃ。感謝の気持ちをもって処理しないと、打ち首じゃぞ!

お役御免となったとはいえ、路上はもちろん、ゴミ捨て場にポイ捨てするのも言語道断! 必ずリサイクルするのじゃ。ツリー専用の取集場が臨時につくられたり、指定された日時に家の外に出しておけば回収してくれたりと、各自治体によって対応は異なる。ゆえに、自分の住んでいる地域はどう処理するのか、カウンシルのウェブサイトでチェックすることじゃ。

回収された後、ツリーは粉砕されてウッドチップになることが多い。森林地帯や公園の遊歩道にまかれたり、堆肥に混ぜられたりするのじゃよ。

ちゃーんと理解したか? 覚えておかんと、天罰が下るぞ。余より怖いぞ。

週刊ジャーニー No.1221(2022年1月6日)掲載

他の教えてヘンリーくん!を読む
日常生活で感じている些細な疑問、英国文化の気になる由来など、何でも構いません。皆さんのご投稿をお待ちしております。