実践英会話

イギリス人が実際に使っている日常英会話を分かりやすく紹介。
完コピしてイギリス英語を実践してみよう!

Sorry to have kept you waiting.

待たせてごめんなさい。

【 オフィスで 】
【A】
明日の会議の件で、相談したいことがあるのですが…。
【B】
いま手が離せないから、少し待ってくれる?
【 10分後 】
【B】
Sorry to have kept you waiting.
それで相談したいことって?

もっと深く知りたい人は…

Sorry to have kept you waitingは
「お待たせして申し訳ありません」という意味で、
ビジネスの場でも使える丁寧な表現だよ。電話での対応で、
相手を待たせた後に「お待たせいたしました」と
伝えたい場合でも使えるね。

週刊ジャーニー No.1013(2017年12月7日)掲載