東南アジアにはビーフスープのヌードルあるのにね。

人間ってとんでもなく牛様のお世話になっております。牛がわが子を育てるためにせっせと貯め込んでいるお乳を掠め取ってはそのまま飲んだり自分の子に飲ませたりチーズやバターやクリーム作ったり。お肉どころか舌も尻尾も内臓も丸ごと美味しくいただいちゃう。さらにその骨は土と混ぜて焼いてボーンチャイナとか言ったり骨から美味しいエキスもらったり、そして皮剥いでなめして靴にしたりバッグにしたり。牛様はまさに捨てるところなし。だからヒンズーではこんなにお世話になっている牛様を大切にしているのですが、それ以外の人はほぼ牛様をフル活用した上で感謝することなし。いつか牛様にひどい目にあわされるような気がして今夜も眠れない。ちゃんと感謝しましょうね。とキレーごと言ったこの舌の根も乾かないうちにさっそく牛様使ったレシピ! イギリスはとんこつブーム。しかしとんこつとは豚の骨やら髄液やらコラーゲンやらをコトコト何時間も炊いて初めてできるもの。そんなこと一般家庭でやる人は少ない。くさいしね。だからまだクックバズでもなんちゃってとんこつにすらたどり着けないわけですが、その間に牛様のレシピが先に出来ちゃったので急きょお届け。それにコトコト煮込む作業は缶詰メーカーさんがすでにやってくれているのであとはササッと加熱するのみ。これでなかなかーな牛様ラーメンが出来上がります。よろしかったらぜひ一度お試しください。


英国式ビーフラーメン

cookbuzz編集部