logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

西ロンドンのノース・ケンジントンにある24階建ての集合住宅「グレンフェル・タワーGrenfell Tower」で大火災が起こってからちょうど1ヵ月。少なくとも80人が犠牲になり、そのうち身元確認ができたのは34人にとどまっている。様々な検証が行われているが、火災発生から約2時間、フラット内で待機するよう指示されていたことが明らかになった。「デイリー・メール」紙が報じた。
グレンフェル・タワーの火災発生時の『マニュアル』に、フラット内に待機する(stay put)することが記されており、この指示が正しかどうか議論の対象になっていた。
火災について通報があったのは6月14日の午前1時の少し前とされ、その後の聞き取り調査で、午前2時47分まで、「ドアの下に濡れたタオルをつめて、フラット内に待機するよう」繰り返し指示が出されたことが分かった。
発生後、約2時間にわたって、同タワー内にとどまることを多くの住民が選択したことが被害拡大を招いたとして、遺族らは怒りを新たにしていると伝えられている。

 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
無敵艦隊、壊滅への道

超大国スペインと弱小国イングランドの
『激突までの道のり(前編)』 『激突の瞬間(後編)』

写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 07月 20日

2017年 07月 21日

2017年 07月 19日

2017年 06月 30日