logo
 

忙しい1日が終わり、浴槽に張ったお湯でその日の疲れを癒す…風呂をリラックスタイムと考えているのは、日本人だけでなく英国人も同様。しかし、近年は英国人の浴槽を遣う割合は大幅に減り、シャワーで済ます人が増えているという。「デイリー・メール」紙が報じた。
1000人を対象にした調査によると、英国人の4分の1が1度も湯船を使ったことがないという結果が出た。
しかし地域差はあるようで、ロンドンと南東イングランドでは、人々はより忙しい生活を送っているためか、湯船を使ったことがない人は3分の1であったが、ミッドランズとウェールズでは5分の1程度にとどまった。
また、湯船を使わない傾向が最も強いのは18~24歳の若い世代だということも判明。ただし、男女差はないという。
「湯船なしの生活なんて考えられない!」という人が多そうな日本人からしてみると、興味深い限り。

 

 

《第415回》生前退位

2016年 08月 11日

《第414回》重圧

2016年 08月 04日

2016年 08月 18日

2016年 08月 19日

2016年 07月 31日