ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ロンドンにまたまたラーメン屋がオープン!

豚骨ラーメンを提供する店としてロンドンではすっかりお馴染みの「Shoryu Ramen(昇竜)」。2012年の開店以来どんどん店舗を増やしていっていますが、この度10店舗目となるNew Oxford Street店がオープンしました。早速、同僚2人と連れ立って行ってきました。

「いらっしゃいませ~」。日本のお店と何ら変わらない、流暢な呼び込みで店内へ足を踏み入れると、やや混み合っているものの、並ばずに3人分の席を確保。さっそくお兄さんが、メニューを持ってきてくれました。 店員さんから、メニューや商品について一通り説明を受けた後、久しくお目にかかっていなかった「豚骨」しかも「こってり」を注文。同僚は、「Miso Wafu Chicken(味噌和風チキン)」と「Karaka Tan Tan Tonkotsu (担々麺)」をそれぞれ、オーダーしました。

店内を見回すと、カウンターで一人、黙々と食べている人、抹茶アイスやケーキを食べて談笑しているグループ、ビールを片手に食事を楽しむ男女などなど。ラーメン店というより、おしゃれな居酒屋やカフェを連想させるこのお店は、もともとは姉妹店として営業していたうどん屋さんの「Ichiryu」。それをそっくり、そのまま昇竜としてオープン。手打ちのうどんを打っていた場所もそのまま、ラーメンの仕分けなどのスペースとして使われていました(ちなみに、「Ichiryuのうどんが好きだったのに…」という方のために付け加えておくと、この店舗ではうどんメニューを今後も提供するとのこと。ご安心を)。

さて、こってりの豚骨ラーメンですが、チャーシューが3枚、きれいな色の半熟に仕上がった煮玉子1個が、半分に切られて入っています。きくらげ、ねぎ、紅しょうがのほか、のり2枚が添えられていました。お味の方は、こってりを期待していたので、少し薄いような感じがしました。でも、脂ぎったこってり感は、こちらでは受け入れられないのだろうなぁと、変に納得。ロンドンで豚骨を食べられるということに満足でした。


担々麺=写真右=の方は、ピリッとした辛さが効いて大正解とのこと。一方、味噌和風チキン=写真左=に、唐揚げが入っていたのは、これまたロンドンだなぁということでした。(編集部 テンテン)

Shoryu Ramen(昇竜) New Oxford Street
84 New Oxford Street, London, WC1A 1HB

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】没後200年、ジェーン・オースティンゆかりの温泉保養地「バース」を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む