ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

トランプ大統領、解説書!? パロディー絵本を読んでみた

編集部Yさんが「クリスマス・プレゼントにもらった」といってオフィスに持ってきてくれた絵本が興味深い1冊だったので、ご紹介します。タイトルは、「A Child's First Book of Trump」。子供に最初に読ませたいトランプの本……。

表紙には米国次期大統領トランプ氏をイメージさせる絵が描かれています。かなり個性的なキャラクターだけあって、これだけでトランプ氏だと誰もがわかりますね。

ひとりの教授が読者(の子供たち)にトランプという生き物(HeではなくItが用いられています)について解説する形で話は展開します。 「この野獣は、アメリカン・トランプと呼ばれます。肌は明るいオレンジ色、形はぽっちゃり膨らんでいて、毛は複雑に生えています。あなたはそれに覆われてしまうかもしれません」と、その生態を表現。

「テレビの中に住んでいて、異論の多い状況で繁殖します」
「トランプ・ランドには、トランプ建物、トランプ・ステーキ、トランプ飛行機など、あちこちにトランプごみがあります。でもそれは『ごみ』とは呼びません。『ブランド』と呼ぶのです」
「『I KNEW this would happen!』と未来を正確に予期することもできます」など、作者のトランプ氏批判が各ページ各ページで炸裂!
「アメリカン・トランプ」の生態を分析したあとは、対応の仕方なども解説。
「まずはテレビを消すこと」「森で出会ったら無視してください。ののしりや野次に反応してはいけません。無視されること、それこそが『アメリカン・トランプ』の恐れることなのですから」と、皮肉たっぷりに描かれています。

Amazonのレヴューには「最高に面白い!」と支持する声が投稿される一方、「偏った考え方だ」「これは洗脳だ」など、反論する声も投稿されています。立ち位置によって評価は異なりそうですね。作者は、作家でコメディアン、Michael Ian Black氏、イラストはMarc Rosenthal氏。興味のある方はAmazonなどで購入可能です。(編集部C)

A Child's First Book of Trump
by Michael Ian Black (Author), Marc Rosenthal(Illustrator)

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】没後200年、ジェーン・オースティンゆかりの温泉保養地「バース」を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む