logo
 
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

セント・パトリックス・デーにアイリッシュ・ビール/英国パブ巡り05

3月17日はアイルランドの守護聖人セント・パトリックの命日。これを記念し、ロンドン中心部では毎年恒例のパレードが行われるほか、トラファルガー広場に設置されたメイン・ステージでは、アイリッシュ音楽の演奏、ダンス、コメディー・ショーなどが催されます(今年2017年は3月19日開催)。ロンドン各地のパブでもこの日を祝おうと、アイルランド生まれのビール「ギネス」のプロモーションを実施したり、店内をアイルランド国旗やシンボルカラーの緑で彩ったりする店は少なくありません。

photo0317 01

そこで今回ご紹介したいパブは、アイルランドの醸造所が運営するパブ「The Porterhouse」。コベント・ガーデン駅、レスター・スクエア駅、チャリング・クロス駅からそれぞれ徒歩5分の場所にあります。1996年にアイルランドのテンプル・バーに小規模醸造所をかねたパブをオープンしたのが同醸造所の始まりで、1999年にはこのコベント・ガーデンにもパブを構えます。

photo0317 02

ロンドンにあるパブの中でも最も広いパブのひとつとされており、主に3つのフロアにわかれています。上の写真は大きな時計が目印のメインバー前(グランドフロア)。そのほか、定期的にライブ・ミュージックが披露される地下フロア、アイリッシュ・ウィスキー・バーのあるファーストフロアなど。

photo0317 03a photo0317 03b

メインの3フロア以外に、階と階の間の空間にもテーブル席が設けられ、ロンドンのパブではあまり見られないスタイル。入り組んだつくりになっており、隠れ家のようでなかなか楽しめます(一度トイレに行ったら戻ってくるのが難しいこともありますが…)。看板ビールは「Plain Porter」。The International Brewing Awards(ビール界のオスカー的存在の賞なのだそう)で2度、金メダルを獲得しています。このほか「Oyster Stout」「Wrasslers 4X Stout」と黒ビールが充実しているので、黒ビール好きには嬉しいですね。今週末、アイリッシュ・ビールを飲みに訪れてみては?(編集部N)

The Porterhouse Covent Garden
21-22 Maiden Lane, London WC2E 7NA
 

2017年 03月 23日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日