logo
 
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

ソーホーで遭遇! ストリート・アートが生まれる現場から

先週の金曜日、昼食を買いにソーホーを歩いていたところ、一人の男性が作業服に身を包み、もくもくと壁にスプレーを吹き付けているのを発見! どうやらグラフィティ・アーティストの様子。

作者は、「Lorreto」さん。声をかけてみると、「ダンボールの型を何枚も使って完成させる」とのこと。

普段の生活では出来上がったグラフィティを見ることが多いですが、こうして制作過程を見るのも面白い! 仕事をさぼってここでじっと見ていたいくらい…。

今日、改めて再び訪れてみたところ、絵は無事に完成していました。こちら↑です。先週黒いスプレーを吹きかけていたのは、エリザベス女王の愛犬コーギーの模様だったんですね。場所は、ソーホーのD'Arblay Street。お昼時になると長蛇の列ができる「Breakfast Club」の斜め前。ソーホーを訪れる機会があれば、探してみてください。(編集部Z)

 

《第445回》住宅事情

2017年 03月 16日

《第444回》被災地の今

2017年 03月 09日

2017年 03月 16日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日