logo
 
写真あり

ぶらりんぐロンドン

ジャーニー編集部がロンドンの街をぶらりとレポート

「ハウス・オブ・フレイザー」のファンシー・ティールーム

photo1102 01

本誌、週刊「ジャーニー」のオフィスは、オックスフォード・サーカス駅から徒歩5分ほどの場所にあります。オフィスでランチをとった後、気分転換にカフェでコーヒーでも…と思っても、どこも混み合っていることが少なくありません。そんなときに時々足を運ぶのが、オックスフォード・ストリート沿いにあるデパート「ハウス・オブ・フレイザー(House of Fraser)」の最上階のティールーム「The Tea Terrace」。子ども服売り場を通り抜けた奥にあり、白、ピンク、水色を基調とした女性好みのファンシーな雰囲気です。

photo1102 02

気付きにくい場所にあるためか、テーブルが空いていないということは、ほとんどありません。時間を気にせず、ゆっくりと過ごせる穴場です。営業時間は、月~土曜:午前9時半~午後9時まで(日曜は正午~午後6時まで)。ケーキやスコーン、サンドウィッチといった定番カフェメニューのほかに、朝食やランチ、グルテン・フリーのディナーメニューもそろっています。今回は、季節はずれながら大好きなデザート「イートン・メス」(£5.95)と「ホワイト・ペア&ジンジャー・ティー」(£3.85)を注文。

photo1102 03

天井に飾られているシャンデリアをよーく見ると、なんとスプーンでつくられていました!

photo1102 04

イートン・メスは、クリーム、メレンゲ、イチゴを混ぜてつくられる、初夏のイングランドの伝統デザート。イートン校のクリケットの試合で供されるデザートが発祥とされています。そして、テーブルに運ばれてきたのは…大きなパフェ! 底にメレンゲが隠れていましたが、ほぼ生クリームだけでした。イートン・メスがお好きな方、ここでの注文はちょっと考え直した方がいいかもしれません…。ちなみに、食器はすべてロイヤル・アルバートで統一されています。カフェのオーナーのこだわりなのだとか。クリームティーやアフタヌーンティーも楽しめます。ロンドンには、このオックスフォード・ストリート店のほか、ヴィクトリア店もあります。(編集部 K)

The Tea Terrace, London
5th Floor, House of Fraser, 318 Oxford St London W1C 1HF
 

《第445回》住宅事情

2017年 03月 16日

《第444回》被災地の今

2017年 03月 09日

2017年 03月 16日

2017年 03月 17日

2017年 03月 22日

2017年 03月 01日