logo
 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら

ごくウマ600選

フィグのつぶつぶが好アクセント!

フィグのショートブレッド

フィグのショートブレッド

所要時間約70分

材料(直径21センチのタルト型またはフィンガー型約20コ分)
無塩バター・・・・・・100g
塩・・・・・・1g(ひとつまみ)
キャスター・シュガー・・・・・・40g
薄力粉・・・・・・130g
上新粉rice flour・・・・・・20g
ベーキングパウダー・・・・・・1g(型に入れない時のみ)
ドライフィグ(いちじく)・・・・・30g
作り方画像

作り方

  • ボウルに室温で柔らかくしたバターを入れ、泡だて器で白っぽくなるまでよく混ぜる。
  • 砂糖と、ヘタを取り除いて細かく刻んだフィグを①に加え、さらによく混ぜる。
  • 粉類をふるいながら加え、全体にバターがなじむように泡だて器でよく混ぜる。
  • 生地を手でもむようにしっかりこねて、ひとまとまりにする。
  • バター(またはショートニング)を塗った型に生地を入れ、平らにならす。ラップをして、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
  • 生地を入れた型を冷蔵庫から取り出し、竹串の「背」(太い方)で模様をつける。
  • 天板にのせて、160℃のオーブンで30~40分焼けば出来上がり。
  • 冷めたら型から取り出し、適当な大きさの扇型(ペチコート型)に切り分ける。お好みで飾り用の砂糖(分量外)をふってテーブルへ。
  • 中華街などで購入できる上新粉(このメーカーの商品はピンク色の袋が目印)。

Point

タルト型は底が取り外しできるタイプのものを使うと便利。②では、キッチンバサミでヘタを切り取ると簡単。③では、ざらざらした状態でOK。
owada

料理:大和田秀子
ロンドンのウェンブリーにて、パン・お菓子教室「Audley Baking School 」を主宰。 
【お問合せ先】Tel: 020 8385 1526 E-Mail: このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。
http://audley.web.fc2.com/      http://audley.exblog.jp/  (Blog)

2017年6月8日 No.987




 

週刊ジャーニー最新号 eBook

週刊ジャーニー最新号表紙

No.993 7月20日発行号

週刊ジャーニーをオンラインで読む 【ホリデー特集】夏に行きたいパブ13選
  • 英国時間の木曜17時更新
  • 紙版の定期購読はこちら
無敵艦隊、壊滅への道

超大国スペインと弱小国イングランドの
『激突までの道のり(前編)』 『激突の瞬間(後編)』

写真で旅するロンドン @journey.london


2017年 07月 20日

2017年 07月 21日

2017年 07月 19日

2017年 06月 30日