弟子入り、ツライ修行一切なし!握らないにぎり寿司

にぎり寿司。板前さんがちょちょいとニギニギしている姿を見ると何だかとっても簡単そう。ところが実際にやってみるとこれがとっても難しい。特に私なんか野球のグローブみたいなでっかい手を持っているのであんなに小さくご飯を握れない。それに1個握り終わったころには手が米粒だらけで2個分の米を消費しちゃう。やっぱプロってスゴイですね。てなこってもっと簡単ににぎり寿司っぽいものできないものかと考えていたらたまたまジョンルイスの地下でちょうどいいサイズのベーキングトレイを発見。お試し期間とかで1個4ポンドの商品が3ポンド50になっていたので清水の舞台バンジーで2個ゲット。早速ベーキングトレイで押し寿司をやり、最後はにぎり寿司っぽく自分の手で整えてみました。そうしたらあーらま、にぎりっぽいぞ! おまけにランプフィッシュキャビアなんか乗っけたら何となく高級感まで出ちゃってもうたーいへん。1回で12貫も大量生産できるし、肝心のお味の方もこりゃかなり胸張って「美味しい」と言える出来映え。ちょっとしたホームパーティにも対応できそうです。サーモンだけじゃなくこりゃいろいろと応用できそう。切れ味のいい包丁は必須アイテムね。動画を作りましたのでよろしかったらぜひ一度、お立ちよりください。


なんちゃって的スモークサーモン寿司

cookbuzz編集部

英国で唯一!日本語の週刊誌「ジャーニー」

【最新号】没後200年、ジェーン・オースティンゆかりの温泉保養地「バース」を征く ※ebookは木曜の午後5時更新
オンラインで読む